読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井筒Kの、Jazzとレトロとユーモラウス

ジャズシンガー井筒Kの音楽情報、大好きなレトロな風景・クスっと笑える場面の共有サイト

誕生日に思ったこと。

お祝いの言葉を送っていただいた皆さん、ありがとうございました。
一人ひとりの名前を唱えて、顔を思い出してお礼を申し上げる。
二度目の退院から1ヶ月が経ちました。
治療の方。先週からイムシスト療法が開始される予定だったが、当日検査の結果が悪く、
1週間延期して、再スタートを明日から試みることになりました。
さて誕生日。ここ数年、誕生日は休日を取っています。
かつての同僚で山本洋一という男がいます。この男、自分や家族の誕生日になると
胸を張って会社を休むものでした。その男に影響を受けたわけです。
で、休んで何をやるか?
まずは「ネット休暇」。外界を遮断することで、自分の内面と向き合います。
過去を振り返り、現在を確認し、将来について明るく考える。
そして、どこかに出かけ、雰囲気の良い店で家人に報告するんです。
日頃の感謝を込めて、こちらからプレゼントしたり、ご馳走したりします。
昨日は、ジブリの「風立ちぬ」を観に行きました。
ゼロ戦」を設計した男の話。金持ち、天才をベースとした話だからずるいんだけど、
それゆえ、映像や言葉使いが美しいから、私的にはOK。
劇中「設計士の寿命は10年。その10年を如何に過ごすかが重要だ」とあるが、設計士に
限ったことではない気がする。集中力、エネルギーを考えても、10年がひとくくり。
達人は、10年頑張ったら、10年休むを繰り返すらしい。
映画の最後は、「荒井由実」の’ひこうき雲’が流れる。いい。
歌唱、歌詞、メロディ、そのすばらしさ秀逸にして快感。
ユーミンの歌だけじゃなく、この映画には全編に渡って、昔の習慣の美しさが散りばめられている。
温故知新とはこのことで、今、真似れば良いだろう。
映画の冒頭で男爵が主人公にこう言う。「しょせんこの世は、夢」。
夢だと思えば苦しい状況も気分的に楽になるし、前向きになれる気がした。