読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井筒Kの、Jazzとレトロとユーモラウス

ジャズシンガー井筒Kの音楽情報、大好きなレトロな風景・クスっと笑える場面の共有サイト

池袋「ホットペッパー」セッション報告。

やった!4週末連続でセッションに参加した。初のての快挙だよ。
土曜の夜は毎週ジャズのライブに触れると心に決めてから1年ぐらい経つが
4回は初めてだ。
さて「ホットペッパー」は第一土曜と、第三土曜の2回がセッション。
第一土曜は、セッションリーダーがピアノの永井隆雄氏、MCが佐野智英子氏。
永井さんは私のライブで今までに最も多くピアノで共演してもらったので、
その情熱的なピアノを耳にした人もいるでしょう。佐野智恵子氏は、太い声で
安定した歌いっぷりの歌手。黒いブルースフィーリングを奏でられるところが
貴重だ。CDも出てるし、生徒もいる。
昨夜は8時半に行って結局3曲歌った。
・I got a kick out of you (4beat)
・You do'nt koow what love is (Bossa)
・Love for sale(ラテン)
最近発見したのだが、酒は好きだが酒が弱いせいか、酒を飲まなければ
すこぶる歌の調子がよいことに気づいた。で、
夕食は多少酒を伴っていたので、クラブに入ってからはノンアルコールで
歌ったのだが、調子が良かった。ドラムの内田さんから、リズムのノリが
良いよと言われたが、実はね・・・という話をした。
というわけで皆さん喜んでちょうだい。これからの私のライブはもっと良い。
なぜなら、今まではいつも多少酒を飲んでやってたからね。
さて、オーナーの西形ママが突然CDを貸してくれた。
「Michael Hanna」というRoland Hannaというピアニストの息子のボーカルアルバム。
何でも声が似ているところがああるから、このCDの収録曲の中から気に入った
曲をカバーすると良いというアドバイス。達人の域に達するまでは、声に合った
曲をやったほうが無駄がない、と教えてくれた。Sir Roland Hannaがママにサイン
入りでプレゼントしたというCDを借りてしまった。
そうそう、ホットペッパーのセッションだが、良くも悪くも家族的で暖かい。
閉鎖的でなく、誰でも受け入れてくれる良さが特徴。特にセッション初心者には、
セッションデビューに適した店だ。