読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井筒Kの、Jazzとレトロとユーモラウス

ジャズシンガー井筒Kの音楽情報、大好きなレトロな風景・クスっと笑える場面の共有サイト

昨夜というか、さっきというか帰宅。

そうヴァニラムードのセッションは、夜中12時に始まった。
(才能が足りないので、直前まで普通に会社で仕事してたけどね俺。)
プレーヤーは1ドリンク付で2,000円だった。

行ってみたら、普段のヴァニラムードの音楽通り、所謂バップ系
ではなく、それ以外のジャズ系という雰囲気が強かった。
ホストバンドからして、ベースはエレキ、キーボードなしだったし。
(ホストの一人だったギターの森孝人さんはご無沙汰だった。彼のギターは歌っている。
以前、上野のアリエスに出演してた時に共演をお願いしたことがある)
楽器の人ばっかりでやりにくい中(楽器の人は、所謂’歌物’を嫌う
奴が多い。自由じゃないとか、ソロが十分に演奏できないとか、
たぶんそんな理由だろう)、さて私といえば、この店で6月23日に
やるカバー新曲の楽譜が間違ってないかとか、キーがどうだろうかとか
3曲をチェック。マービンゲイ1曲、SADE1曲、スタイルカウンシル
1曲をジャムといよりチェック。今夜は俺もジャズメンじゃない。
で、実は3曲中2曲もキーが低すぎたので変更せねばという発見が
あった・・。あれー、相変わらずキー設定に苦しむ(誰かコツを教えて)。
見た目の楽譜の音域や、自分の声域であわせてキー設定したのだが、
低すぎることがたまにある。
まだ、原因が分からないが・・・。言えてるのは、家で歌ってみるより、
ステージで歌う時の方が、あきらかに声のポジションが高い。
まあいずれにしても、セッションの利用の仕方はいろいろあるということ
だろうか。他の店のセッションでは、上記のような曲は歓迎されないので、
ヴァニラムードは、自由なセッションだとも言える。
帰りに、ライブ告知のチラシをトイレに貼ってもらった。
さて次回のヴァニラムードセッションは、偶然だが僕のライブの後、
同日の夜中12時から。6月23日土曜だ。
あっそうだ、日比野則彦がサックスをすばらしいSAXを吹いてくれる
のもヴァニラムードセッションの特典だね。
6月23日の私のライブでも吹いてくれる。非常にうれしい。