読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井筒Kの、Jazzとレトロとユーモラウス

ジャズシンガー井筒Kの音楽情報、大好きなレトロな風景・クスっと笑える場面の共有サイト

成熟って、嫌ですか?

梅雨明け、夏本番に突入して、7月号です。
成熟たって、エロじゃあないよ。ま、この際、エロ込みでいいけどね。
「+エレガント主義」はしばらく忘れ、「+日本主義」で行くよ〜と言ったのに、
先日コストコに買い物に行った、謂わば非国民の僕です。
しかし、コストコに買い物に行く度に(2回目だけどね)、逆に日本流の良さを感じて帰って来るんだ。
ならば何故コストコに行くのか?ま、物珍しい商品と雰囲気なので、ごくたまのレジャー消費というわけ。
日本の常識=世界の非常識という言葉がありますが、僕らが日本人だからという以上に、
日本式の方が良い場合が多い気がしませんか!?それなのに・・・、悔しいですねえ。

日本にもっと国力や策略があれば、日本の常識=世界の常識になって、
少なくとも世界はもっと美しいんだろうにと残念でならない。
さて、国同士がフェアに競い合うロンドンオリンピックが来週に迫った今、
「日本主義」をテーマに据えるのはタイムリーでしょう。
何せ日本主義。テーマが大きすぎて、一人じゃ手に負えないねえ。
で先日、「日本が世界に誇れるもの縛り」で、しりとりしてみた。
その人、しりとりにとても向いてない人で、何度も勝手に負けてくれる憎めない人なんだけど、
とにかく、日本が誇れるもの、けっこう出てきて一安心。あるよ。
具体例は割愛するが、要は、長期的な少子化で国内市場がどんどんしぼむので、
海外に出稼ぎに行かなければならないこれからの時代、
世界の常識を学び世界市民になる一方で、日本美のアイデンティティを持って海外に出かけたいと考えたのだ。
日本以外の他国の人に共感を得るのは難しいことだけど、例えば「もったいない」という日本近代の消費姿勢を
世界に広めようとする海外団体があるように、日本固有で価値のある文化や習慣、組織ノウハウを再認識しようと考えてるの。
それから。
最近飲む機会がやたら多いので、飲む人に2つの質問をしてます。
2つとは、「現状を一言で表すと何か?」と「今後どうすれば良いか?」。
今のところ、現状感覚で多いのは「混沌」や「不安」。
混沌は、情報と価値の多様化が原因と見た。一昔前の言葉でいうと「シンプルライフ化」で、
今の言葉ならさしずめ情報の「断捨離」実行で混沌から脱してみてはどうか。
必要ない情報は入れない。家や職場にある使わない情報は捨てるのだ。
厳選したメディアへの接触と、飲ミニケーションで知る刺激で良かろう。
今後どうすれば良いか?については、海外に関わっている人と、そうでない人で答えは分れる。
海外派で多いのは「解放」。日本は実は今でも鎖国してるようなもんだと言う人が少なくない。ひと波乱ありそうね。
一方、国内派はなかなか答えが見つからない。
ならば、私から一つ解決策の提案を。それは「積極的に成熟化を指向する」こと。
成長の次の段階は成熟とライフサイクル法則で決まっている。
課題は、どのように成熟していくべきかにある。
先輩事例はヨーロッパ諸国にあるだろうが、今はお手本にするのはタイミングが悪いねえどうも。