読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井筒Kの、Jazzとレトロとユーモラウス

ジャズシンガー井筒Kの音楽情報、大好きなレトロな風景・クスっと笑える場面の共有サイト

新潟ジャズコンテスト。病人力で銅賞。

これで、「新潟」との縁ができた。主催者の音楽家・経麻朗さんと審査員にまず感謝します。

今まででもっとも悪い、体調三重苦で臨んだステージ。
当然、音的には良くなかったけど、病人の良い所(笑)は感受性豊かに表現できることなのかもしれない。
今回のこと、少し長く書きたいので、2回に分けてつづります。
1回目は、新潟ええとこ編。2回目は、病人力編。
さて、新潟を訪れたことありますか?
音響家が選ぶ優良ホール100選の新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ」。
その屋上庭園からの雄大な眺めは、新潟という都市の力と美しさを感じることができる。
第3回新潟ジャズコンテストは、ここのスタジオが会場だった。

ところで新潟は、「開港5港」の一つなのだそうだ。
鎖国後、「安政の開国」で、函館・新潟・横浜・神戸・長崎の五港都市が開港。

異国の文化に古くから接し、開放的でよそ者を受け入れる度量の大きさはDNAになっていると感じる。
グランドキャバレーもあって、ジャズも盛んだったとのこと。
知らなかったが、東京から新潟は片道4,000円ぐらいで高速バスも出ている。
まず、美酒のオンパレード、海藻を練り込んだへぎそばに日本海の幸、美しい街や人の魅力も堪能できる。
確か日本2位の人気温泉もあった気がする。
ジャズを通じて、こっちが恥ずかしくなる豊かな人間性の新潟の人たちに出会えた。
新潟ジャズストリートという音楽イベントも年2回あるらしい。
http://www.niigata-jazzstreet.com/
これにも出演できたら、いい。