読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井筒Kの、Jazzとレトロとユーモラウス

ジャズシンガー井筒Kの音楽情報、大好きなレトロな風景・クスっと笑える場面の共有サイト

島唄ジャズシンガー「ジョイ洋子」

友達の紹介で、3月末に「恩納村」に海の見える小さな住まいを買った。
恩納村から120番の路線バスで米軍基地の横を通って1時間あまり。
那覇の港に立つロワジールホテルへ。
タラソテラピー効果があるという緑がかった水のプールで泳ぎ
リラックスした後、有名なジャッキーステーキハウスでパワーを付け、
1か月前から予約して行ってきました「ライブイン寓話」。

この日は世界的ピアニスト「屋良文雄」メモリアル、兼、
寓話35周年記念の3日間の特別ライブの初日。
最近youtubeで発掘し、度胆抜かれた島唄JAZZ「ジョイ洋子」さんのステージ。
元々、島唄は大好きなんだが、これは何ともすばらしい!
奄美大島出身の島唄の歌姫がジャズをチャンプルーして飲み込んだ強烈なオリジナリティ。

テイクファイブと島唄がチャンプルーされて客席全員が踊りまくる。
ラバンバから島唄にチャンプルーされて客席全員が踊りまくる。
なんだー!洋子さんって、沖縄って、面白いぞー。

沖縄は亜熱帯である。
沖縄の冬は寒くないが風が半端なく強い。梅雨はすんごく湿気があるらしい。
夏は暑すぎて散歩なんか無理らしい。沖縄の台風は半端なく、
且つ、夏から秋は毎週のように襲ってくるらしい。
気候を考えると関東の方がはるかに、はるかに過ごしやすい。
しかし。
「沖縄の人」ってラテンで面白いし、街の景色には沖縄独自の中に
アメリカや中国や入ってるし、自然は美しいし、歴史ロマンもあり、
唄と踊りが今だに命を持って生きている感じがいい。
私の治療プログラムが終わり、仕事の引き継ぎも終わる近い将来、
アジア=亜熱帯の海外都市にロングステイするイメージだが、
その構想に、沖縄が強烈に入り込んできた。
ここは、日本語と日本円が通じる東南アジアでもある。
ジョイ洋子さん「沖縄に住めば、病気なんか吹っ飛ぶさ〜」と言ってくれた。
きっと台風が悪いものも根こそぎ、吹っ飛ばしてくれるんだろう!