読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井筒Kの、Jazzとレトロとユーモラウス

ジャズシンガー井筒Kの音楽情報、大好きなレトロな風景・クスっと笑える場面の共有サイト

ベトナム、で出演して来た。

2月号も月末ギリギリの書き込みとなった。予定外に忙しいのです。
1月、2月と2回に渡って渡越しました。ベトナムのこと、漢字で「越」って書くんだって。
ベトナムは、アセアンの新興国として今、日本で注目の国だ。
旺盛な消費の伸びに期待して出稼ぎに行くのも良し。
オフィスワーカー年収で30万円程度の安い人件費も魅力的だ。
ベトナムでも韓国の人たちの経済攻勢がすごいんだけど、親日派が多いので助かる。
これも、国がODAで橋や国際空港を作ったからだろう。
また、日本人の誠実性が評価されているんだと思う。自信を持とうではありませんか!
ベトナムの経済発展のスピードはかなりのもの。国民の中心年齢が15〜25歳と若く、
特に南部の大消費地ホーチミン(旧サイゴン)の人は、宵越しの金を持たないキップの良い地域性だ。
さて、ホーチミンにも果たしてジャズクラブはあるの?とホテルのフロントに聞いてみたら3軒あるという。
ならば一番有名な所へ行こうとタクる。着いた。その名は「サクソンアート・ジャズクラブ」。

2ステージ見物。ジャズと言っても、ラテンジャズとボサノバ中心。常夏の街なのだ。
で、同行した若者がケツを蹴ってくれて、オーナーにユーチューブの井筒Kビデオを見せたら
即座に気に入ってくれて、明日出演できる?ってことになり、急きょ出演したのだった。

オーナーは中国系?サックスプレーヤー。中国音楽を取り入れた曲がオリジナリティあってすごく良かった。
オリジナルってえのは、本来オリジナリティが宿ってなきゃダメなんでしょうね。

その昔フランス領だった影響で、「パン」が美味い国だ。写真ようにおばちゃんが道端で、サンドイッチ屋
を営んでおり、それは至るところに存在する。

信じられるかい?!ここはエレベーターの中なんだよ!!
この部屋自体が上下して動いてんの!

泊まったマジェスティックホテルのロビーには、良い感じのジャズステージがあった。
サイゴン川を見下ろす朝食。

来月こそは、カンボジア特集を予定。アンコールワットで撮影したミュージッククリップも鋭意制作中です!