読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井筒Kの、Jazzとレトロとユーモラウス

ジャズシンガー井筒Kの音楽情報、大好きなレトロな風景・クスっと笑える場面の共有サイト

避難所に行ってきましたぐあ

震災からこの方、何をブログに書いていいのやら考える能力がなかったです(笑)。
間接的にですが大きな震災被害を受けることに、なっちゃいますた。
節電要請により、普段から収益の60%を担っているプロジェクトを、まず一年ほど見送るという通達がきました。茫然・・・。が、まっ、でも、やれることはやり、行ける所まで行くしかないと腹をくくったけど。天災ってほんとに突然来るんだね。
科学的見地に立てばそれは単なる地殻変動なんだけど、その表面で暮らしてる我々には大問題で、命や幸せを一瞬で奪い去っていっちゃった。
それにしても、このような状況にならないと他人の痛みは解らないもんですねえ。
阪神淡路大震災の折りも、被害が局地的だったために、わずか電車で30分程度の大阪ではどこ吹く風という雰囲気だったそうです。人間ってさみしいもんです。
さて、東京都が開放している被災者の受け入れ施設の人一つ、東京ビックサイトに行ってきました。3000人の受け入れ体制と報道されていましたので、少しぐらい手伝えることがあるんではないかと思ったのです。
しかしながら、東京ビッグサイト被災者受付でボランティアの申し出を丁寧に断られますた。聴けば、3000人であふれかえっていると想像していたのに120人程度しか避難しておらず都の職員でまかなえているとのこと。
寒〜い場所での作業だろうなあと思って、防寒パッチ引っ張り出してはいていったので、帰り、暑くて暑くて気分悪くなりそうだった。
避難所になっている武道館の方も避難者は少ないと職員が言ってました。想像ですが、ついこの間までごく普通に生活していた場所を遠く離れることは心情的に容易じゃないんでしょうねえ。
ビッグサイトの受付には、台車に家財道具を積んだ一家族がいらっしゃった。台車の上には服などの他に、電気ポットがあって、温かいものを飲みたい飲ませたいという気持ちが詰まってるような気がしました。
避難者受付で手渡された1枚の紙に書かれていたサイトのURLを記します。
http://www.tvac.or.jp/
写真を1枚撮影してきました。東京でも、少しリアリティが感じられる場面でした。