読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井筒Kの、Jazzとレトロとユーモラウス

ジャズシンガー井筒Kの音楽情報、大好きなレトロな風景・クスっと笑える場面の共有サイト

本を捨てるならブックオフ’エコ募金’?

自分の部屋をレイアウト換えしようと思って行動に移した。
TVとサウンドスピーカーとオットマン付椅子を購入。
目的は夜に仕事から帰宅し1時間だけ自分の好きな時間をすごして
癒されたいと思ったからだ。音楽DVDやお気に入りの映画や。
そのためにスペース作りをと、本を300冊ぐらい整理した。
で、調べててたら、お馴染みのブックオフに引取りを頼み、
その代金の一部を自動的に募金できるシステムがあることを知った。
ブックオフって、著作者に代金がいかないんでしょう。確かに
そこは問題だと思うんだけど、捨てて燃やすのも「もったいない」
という思いに駆られる。リサイクルだね。しかもブックオフ
いくらかでも代金が戻ってくるし、捨てるよりも楽だから、やっぱり
将来不安世代の私はブックオフを今のところチョイスしてしまうなあ。
あなたは反対ですか、この行動。
さて、本題に戻ろう。ブックオフの募金内容だった。
http://www.ebookoff.co.jp/sell/nid/rakuraku
これは、いらなくなった本を宅配便で引き取りに来てくれるうえ、
買取代金の中から エコ募金 (任意)するという仕組み。
エコ募金は 寄付先を以下の5つから選べる。

1.森林保護コース
たとえば1000円で、マングローブの苗木約100本をバングラデシュに植えられます。
寄付先:財団法人 オイスカ、OSEWAプロジェクト、グリーンベルト運動

2.海辺のクリーンアップコース
たとえば143円で、神奈川県の海岸から回収したごみを1キログラム処分できます。
寄付先:JEAN(JAPAN ENVIRONMENTAL ACTION NETWORK)

3.自然環境保護コース
たとえば50円で、北海道の湿原などを一坪買うことができます。
寄付先:社団法人 日本ナショナルトラスト協会、アースデイ東京 2008

4.途上国の子供支援コース
たとえば5円で、ヘソの緒を清潔に切る安全カミソリを買うことができ、お母さんと赤ちゃんが破傷風で亡くなることを防ぐことができます。
寄付先:財団法人 ジョイセフ(家族計画国際協力財団)、特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会、社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)

5.身障者支援コース
たとえば10万円で、一冊の本を点訳することができます。
寄付先:社会福祉法人 日本点字図書館


コースのチョイスもいいよね。