読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井筒Kの、Jazzとレトロとユーモラウス

ジャズシンガー井筒Kの音楽情報、大好きなレトロな風景・クスっと笑える場面の共有サイト

F1サウンドを現地で聴くハッピー

土曜日、冷たい雨は降り止まなかったが、そんな状況は
全く意に介さずといった心境で、富士スピードウェイサーキットへ
揚々と行って来た。
F1を現地へ感じに行くのは、どうだろう6回目ぐらいだと思う。
15年ほども前になるが、はるばるモナコまで行ったこともある。
とはいえ、ココ近年はややF1への情熱が薄れ足が遠のいていた。
今年は日本グランプリ鈴鹿でなく富士スピードウェイで30年ぶり
開催ということで、鈴鹿より断然近いわけだし行くぜ!と、
5時起きして行って来ましたよ。
混雑が嫌い、あるいは苦手なので、土曜日の「予選」を観に、いや’聴きに’行った。
そう、F1の音を久しぶりに聴きたかったのだ。F1のエンジン音や排気音
は「F1サウンド」とも言われ、固有のすさまじい音だ。この音を聴く
快感と興奮は他のものでは代替できない気がする。
今回印象的だったのは2つ。隣で観てた人はきっと初めてだったんだと思うが、
「すっげー!」と叫んで目の前を爆音とともに走り去るF1カーを見るあの顔、
人って感動すると、こんなにもすばらしい表情をするのかと、その顔を見てこっちも感動した。
さてもう一つのトピックスはトヨタのF1カーの操縦席に座らせてもらったこと
(もちろん止まった状態だが)。添付の写真は降りてきたところの様子。
オペラでも聴きに行く感覚で、皆さん、F1の音を聴きにいってください。
そこには他では味わえないハッピーがあります。